2014年12月19日

29クリ Part3

今は自己申告性のシフトで働いてるんで休みは不定期だ。
昨日たまたま休みで、前日に必要な買い物は全部済ませ、1日中引きこもっていた。
そんな感じの休日だったので、見るともないテレビをお昼寝を交えながらザッピングしていた。
そんな折、あのドラマに遭遇してしまった。

↓この記事によると観るの6年ぶりらしいww

なんかさ、いーーんだよねーこのドラマ。
「29歳のクリスマス」
いつ見てもさ、29歳じゃなくて今を考えさせられると言うか・・・

昨日は第7・8話のオンエアだったので、思わず今日の第9話と最終話の録画をしちゃって、今最終話を観てる。
ぶっちゃけ、6年前に観たはずの終盤の内容を結構忘れててね。

超ロングコート・分厚い携帯電話・髪型・メイク・・・etc
色んな懐かしさがちりばめられているけど、古めかしさを感じないんだよね。
いつ観てもちょっと活力貰える感じです。

それと、今回の発見はロケ地が今住んでいるところにちょびっと近かったってこと。
あーーあの辺かぁ〜って感じ。昔は全くなじみのない土地だったからなー

で、このドラマのことちょっとwikiってみたら、主題歌がマライアって事もあって、権利関係とか?でDVD発売が今のところ出来ないらしい。
そっかーーそう思うと、今回の放映を最初から知ってたら、全部録画したのになぁ〜
でもまた何年かしたら、きっとこの時期に何度目か解らないけど、また再放送あるかな?
その時を待つか・・・その時私は何歳なんだろ?その時またどう感じるのか・・・それも面白そうだ。


さてさてぷんこの43歳のクリスマスはこれいかに?

そして自分の人生をずっと好きで生きよう!!よし!!

at 23:12 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年08月12日

いじめられている方々へ その3

だいぶ間が空いてしまいましたが、いじめられている方々へ その2のつづきです。

辛かった2年間ですが、その中でも救われた出来事がありました。

隣のクラスのRちゃんです。
ある日彼女から放課後だったか昼休みだったかに、ある特別教室に呼び出されました。
彼女とは小学校・中学校通じて何度か同じクラスになった事はありますが、クラスメイトとして言葉を交わす事はありましたが、特に仲の良かった時期があったわけではありませんでした。
ただ攻撃的な感じのする人でもなかったし、あまり嫌な感じはしませんでした。

何だろうなーと単純に疑問を持ちつつ、その教室に行ってみると・・・
私が担任の先生と話し込んでいる場面をみて、私のクラスメイトが「私の置かれている現状を先生に話してるんだね、やだねー」というような事を陰で言っていた事を私に教えてくれたんです。
実際はそんな事はなく、全く違う話をしていたんです。
生徒会役員の選挙が近くなっていた時期で、「なんで立候補しないのか」と先生が私に尋ねて来た。それが真相でした。
内心ね、「こんな状況の私が選挙で当選するとでも思ってるのかなーこの先生!!」
って思いましたよね。
まったく私の状況を理解していないのは明白でしたけど、実際その気持ちを話す事はなく、なんやかんやと理由を付けて出馬しませんよーと話していただけなんだよね。

まあこの誤解されていた事はショックでしたけど、教えてくれた彼女は私の話を聞いてくれ、一連の状況をなんでそんな事するんだろうねと理解を示してくれて、本当に救われた想いでした。
陰口を見聞きして教えてくれるって、なかなか出来そうで出来ない事なんじゃないかと思います。
そんなRちゃんの行動に凄く感激したし、今後自分の言動にも気をつけようって思えました。
どんな言動がどんな誤解を招くのか・・・怖くもなりましたが。

またこれは高校に進学してからの事ですが、同じ中学から同じ高校に通っていた男の子からも「当時なんであんな事するんだろうなって友達と話してたんだよ」って言ってくれました。


この事を通じて想ったのは「表に出さないだけで、見ててくれる人がいる!味方になってくれる人もいる!」って事でした。
所謂「傍観者」といわれる人達にも色々な人がいます。
いじめられている人にとっては傍観者も皆同じように想ってるんだろうなって心境になるかもしれません。
でも、本当は手を差し伸べたいけど・・・って想っている人も、間違ってるって想っている人も必ずいます!絶対にいます。
頑張れなんて言わないから、この事だけは知っていてほしいです。

その4につづく
at 20:23 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年07月19日

いじめられている方々へ その2

いじめられている方々へ その1 のつづきです。

こんないつも一人で過ごしていた私にも、一度転機がありました。
それは3年生の春、修学旅行が迫って雰囲気が盛り上がり気味の頃でした。
私は修学旅行に向けたホームルームのある日は絶対に仮病を使って休もうと決めていました。
というのも、絶対に最初グループ決めがあるからです。
それは修学旅行中の行動班であり部屋割りです。
休んでさえしまえば、勝手に誰かが人数調整でどっかの班に入れてくれるからです。
どこの班にも行けずに困っている自分が容易に想像出来ましたし、そんな状況に追い込まれるのは嫌でしたからね。

ですが、そのホームルームが迫ったある日、あるグループからお声がかかりました「一緒の班になろうよ」って。
その日を境に彼女達は行動を共にしてくれるようになり、私は1年以上ぶりに一人じゃなくなって、学校に行くのも楽しくなりました。
これまで私が置かれていた状況についても同情してくれて「みんな羨ましいだけなんだよ」とか「みんなが同じように嫌な事思ってるわけじゃないし」とか色々言ってくれました。
今でもその時言ってくれた言葉や状況とか覚えてる事結構ありますし、嘘で言った言葉でも無いと思っています。
が、やっぱりどこか完全には信じきれない自分もいました。
正直クラスには私よりもっと嫌われていた人がいました。人数の関係で私かその彼女らかどちらかとは必ず組まなきゃならないわけです。
そんな人数合わせで天秤にかけられたんだろうなと・・・
そうは思っていても、毎日話す人がいるという事は、学校生活に置いて本当に本当に救いでした。

そして、楽しく修学旅行に行き帰って来てから、仲良くなったグループの中の一人であるMちゃんと私は特に仲良くなって行きました。
何故だかMちゃんは私に色々な相談事とかして来てくれたんですね。
もちろん私は色々相談にものったりしながら、楽しい話も色々と・・・

でもこれがいけなかったようです。もちろん何となくヤバいかな?いいのかな?って想いもありましたけど、せっかく私を頼ってくれているMちゃんです。どうしようもないというか・・・

ある日突然その日はやってきました。
食堂からの帰り移動の時です。いつものようにみんなと教室に帰ろうとした時、グループのみんなが気付いたらいませんでした。
はぐれたかな?って思った私は教室の周りをみんなどこかな?って探しながら歩いていると、見えちゃったんですね。
私を見つけて走ってベランダに隠れて行く姿を。
もしかしたら私がその様を見ていた事は気付いていなかったかもしれませんが。

すぐに状況を悟りました。
あっ元に戻るんだなって。そこからまた元の生活が始まりました。

でも彼女達を恨む気持ちとかは何故か起きませんでした。
おかげで楽しい修学旅行も過ごせたし、まあ良かったかな位に割り切りました。
そして仲良くしてくれた時に私を慰めて言ってくれた事は嘘だと思っていませんし、そんな言葉も少しその後の支えになってくれました。


そんな感じで卒業までまた独り過ごす事になるわけですが、何故登校拒否もせずに多少の仮病休みだけで乗り切る事が出来たのか・・・
それには色々な要素がありましたが、大きくは2つあります。
 1、優等生の意地
 2、塾の友達

これですね。

その1でも書いた通り、成績は良かったし悪い事もあんまりしないから怒られる事も少なかった私です。
そんな私が登校拒否とかまず自分の中で考えられなかったし、そこまで落ちてないって思いたかったんだと思います。
でも今思っても、よく通ったよなーって思う事ありますよ。
暴力振るわれたり、何かを強要されたり、見せ物にされたりなどは全くありませんでしたが(もしされていたとしたら、当時私の通う中学だったら絶対誰かが通報してくれたんじゃないかと思います)、それでも毎日の事です。
話す人がいないのって本当に一日過ごすのか大変なんです。
自分の席にじっと座っている時はまだいいですが、移動中は常に全身の皮膚表面がいつもチクチクする感じと言うか・・・表現するのが難しいですね。

あっでもみんな不思議と朝の挨拶だけはしてくれます。
なんなんだろうなーこれは・・・っていつも不思議な気分でした。
なにか明らかな理由づけみたいなものがあればOKだったんですかね(笑)
でもそうやって、長い長い一日でも確実に確実に卒業の日は一日づつ近づいているんです。
終わりは絶対来る!!そう信じる事で何とか保っていた。そんな日々でした。

それと塾の友達の存在。
それはとにかく大きいものでした。
私は週2回英語の塾に行っていました。そこには同じ高校を目指す友達がいっぱいいたし、一緒に塾の前後に受験勉強したりした子もいてその時だけは本当に楽しかったし充実してた。好きな人の話とかも中学が違うから相手の事は全然知らないけど話したりして盛り上がったな。
みんなのいる高校に入る!これも大きなモチベーションになりました。

今塾と学校の関係ってどんな感じなのか、地域性もあるでしょうから一概には言えないと思いますが、学校の状況がそのまま塾にも持ち込まれてしまうケースも少なくないでしょう。
そうなると学校以外に自分の場所を作るのは困難かもしれません。
でももし、そうじゃない場所があるなら1つの安心出来る場所として確保出来ると思います。
金銭的、時間的に許されるなら、あまり学校の影響が及びにくいような塾を選ぶ。
心を休める場所を作る手段として、私はいいと思います。

もし塾に行くのが無理でも、どこか一カ所だけでも学校と関係ない居場所を持つのって全然違うと思います。
今はネットがありますから、様々なサークル活動のようなものを見つける事も容易に出来ます。
もちろんネットの危険性も十分考えて、参加するのは慎重になるべきですが、逃げる場所・休める場所を見つけてほしいと思います。
勉強が嫌いじゃないのなら、学校の友達と遊ぶ時間が無い分ガッツリ勉強してください。
知識は絶対邪魔にならないし、いつかあなたを助けてくれると思います。

その3につづく
(次回からは他のクラスのある女の子の一言・担任の事・親の事・昨今のいじめについてを書きたいと思います)
タグ:いじめ
at 00:42 | 東京 ☔ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年07月16日

いじめられている方々へ その1

最近各地の小中学生のいじめ報道が多いですね。
学校(主に校長や教頭)や教育委員会の方々の会見とか見てると、「わかってねー!」って怒りが込み上げます。
が、振り返ればそうだよね、解ってなかったよな・・・って思います。
いじめは絶対に無くならないと思っていますし、学校だって親だって気付きません。
だって当事者(被害者・加害者とも)は気付かれないようにしますから

そしていじめは子供だろうと大人だろうといつの世もどの国でもあることです。
ただ大人の場合は自分の存在する場所が複数あったり、自ら逃げ道を作ったりする事も出来る。
でも子供は違う。家庭以外に学校は全てに近い存在だ。
そんな中で孤立したり暴力を受けていたら、それが自分の人生の全てのように見えてしまうのは当たり前。


今いじめられている方々に色々と聞いてほしい事があるんですが、まずは自分の事を書きますね。
正直これ書こうかどうか・・・と思いました。
このblog、当時を知る人も見る可能性があるしなって思うから。
でも今私は誰も恨んでいないし、今はこうやって話せる位ですから「そういうこともあったな」と思える精神を持っている事を申し添えて書こうと思います。


私は小学校2年生の時に今の実家より多少都会から引っ越してきました。という事で転校生でした。
転校前の小学校1年の時のクラスの雰囲気や担任の先生の影響を大きく受けていた事もあり(この1年生の時の事は私の人格形成に大きく影響しているので、話しだすと一晩かかるかもww)転校早々目立ちましたね。
自分で言うのも・・・ですが成績も良かったです。常に100点目指してって感じでしたし。
運動神経は中の上くらいでしょうか?副委員長とか何度もやって、所謂中心的な場所にいたと思います。(通知表にもそうやって書いてあります)
そんな感じですから、先生方からはうけよかったし手を煩わす事もさほど無かったでしょう。
こんな優等生的な私でしたけど、それは中学2年になった時から一変しました。

中学1年から2年にかけてクラス替えがありました。
クラス替えがあると「さあ新しく誰と一緒につるもうか・・・」みたいな雰囲気ありますよね。
私はいつもこの雰囲気を何となく乗り越えて来たんだなって今になって思います。
人見知りしない性格なので友達を作るという事に、一生懸命になるという事は無く気付いたら仲良くなってたって言う感じでした。
でもきっとそうじゃない人もいっぱいいたんだと思います。
私みたいになーーんにも考えずに人に話しかけられる人ばかりじゃないし、口べたな人もいる。
だからある程度のグループが形成されるまでには、きっと友達活動みたいなものを頑張って(意識的か無意識かは別として)クラスの中の自分の居場所みたいな物を確保したんじゃないかと。
だけど私は頑張って友達活動しないし、また元々「一緒にトイレに行こう」とか誘わないタイプだったんですね。
色々起きた後で気付いた事だったんですけど、女の子って結構トイレに友達を誘うんだよね。
「行きたくなったら行く」派の私としては、この事に全然気付いてなかったんだよ!!
あと部活もね〇〇ちゃんと一緒に〇〇部に入ろう!とかいう発想が無かったので、入りたかった剣道部に素直に入り、気付いたら新入部員の女の子は私一人だったのです。でも別に先輩方も大事にしてくれたしノープロブレムと思っていました。

まあ今になるとこんな私の行動や性格も1つの呼び水となったのでは?と思いますが、きっとなんと言うか「鼻につく存在」だったんだと思います。
しかもストレートに物事表現してしまうし、ムカつくんですよねこういう女。

あるこの日を境に・・・というのは無かったように思いますが(もしかしたらあったのかもしれないけど)気付くと私は学年中の殆どの女の子に相手にされていませんでした。
あからさまな完全無視ではありません、でも休み時間私に声をかける人はいないし、細かいけど印刷物が前から回って来ても振り返って私に渡さないとか、グループを組む事があったらもちろん私は誰とも組めないし、給食のため食堂(があったのです)への行き来も一人。トイレの個室で私の悪口を聞き、出るに出れなくなった事も・・・etc

なんだろう・・・今あの時の色々な事思い出そうとしても具体的な事ってあんまり出てこない。
ただ、とにかく学校に行く事が毎日大変だった(仮病休みもちょっと使った)のと、廊下で誰かとすれ違うのが苦痛だった感覚だけは鮮明に覚えてる。
大好きだった部活の中でも色々あって、数ヶ月行けなくなったことがあった。
それでも家に早く帰るわけには行かないので(親には言えないので)、学校でなんとか時間をつぶして家に帰ったように記憶している。
都会のように学校帰りに時間をつぶす場所などないので、これも結構大変だった。
結局部活については部活顧問が職員室で私を見かけた際に「おめー最近部活来ねーじゃねーかよー」という一言で担任に知れる事となり、呼び出されたり何だかんだで復帰したけど。

でも解ってた事は女子みんながそうしたくてしてたわけじゃなかった事です。
別に私にムカついてない人もいたと思います。というかいました。
でも彼女らは私と仲良くする事にリスクがあったんです。
私に触らない方が身の安全は保てたという事です。
この辺はあとで再度触れたいと思います。
だから昨今のいじめ報道でなんか人ごとのように聞こえるクラスメイトの証言とか、本当は色々思ってた事とか、もどかしい想いがあったんじゃないかなって思えてならないのです。

それと微妙に困ったのが男性問題ですww
いや中学生ですから、かわいいもんですが・・・

3年生になった時転校生のJ君がクラスにやってきました。
たまたま最初の席替えでJ君は私の隣になりました。
何も私の状況を知らないJ君は、学校の事とか知らない事などたくさんあるし、容赦なく私に話しかけてきます。
私も聞かれれば最低限答えますから、自然と他の女子より話す機会は多くなるわけです。
中でも忘れられないのが、私の中学(学区内全部)では男子は校則で全員坊主でした。
だから学区外から転校して来たそのJ君は、坊主を強要されたわけですね。それが凄く悔しかったのでしょう、私に前の髪型に付いてサイドを流してどうこうと・・・こんな髪型だったのにさーと愚痴をこぼしてきました。
私の性格のまま答えたら、「みんな坊主なんだからそんな髪型の事なんて解んないよー」って明るく返したい所でしたが、「ふーーん」と聞き流しました。
休み時間は仕方なく読書の時間に充てていた私に「本ホントに好きだねー」って言ってくるし。「うん」って言いながら「いやべつに」って思いながら「私に関わらないでくれー」とも。
だって、この状況を見て既に「私がJ君を狙ってる」的な噂を耳にしていたので・・・

それと同じ部活のS君が私を好きだという噂があり、それをこれまた同じ部活のA君が囃し立て、噂は英語の授業中先生のネタになるということまで・・・というありがた迷惑なことも>< (これ結構な期間だったんだよ)
S君の気持ちは直接聞いていないので定かではありませんが、同じ部活だし以前は普通に話す事も出来たのですが、これ以上尾ひれがついてもいけないし迷惑かけてもいけないし・・・という事でもう殆ど会話すら出来なくなってしまった。ホントにS君はいいやつだったんだけどなーと思う。
もちろんA君も私を困らせようという意図は全くない事は解っています。単にいじられキャラなS君をいじって楽しんでいただけに過ぎないですし、S君とA君は仲良しです。

あと部活も引退して受験対策の補講授業などが行われていた時期。
家が数十mしか離れていないHとは良く帰り道で一緒になり、志望校も一緒だったから歩きながらよく話してた。
これまた目撃者は色々とある事無い事言っていたのであった。これも何故か私に聞こえてくるのです。

別にこんな噂は、本来私が好きに発言出来る環境だったら反論とか色々出来たけど、とにかくおとなしくしている以外に方策が見つからなかったので、全て苦笑いでやり過ごした。
今の私では考えられない行動だよなーーでも当時の私はとにかく早く中学を卒業したい!それだけが私のモチベーションだったのは確かです。
それまで何とか辛抱しよう、高校に受かって卒業さえすれば・・・それだけが生きる望みだったかな。

長くなったので、つづく・・・
  
タグ:いじめ
at 00:52 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年10月10日

運動会で綱引きの綱切れる

先日のニュースで目にした方も多いと思いますが、ある学校で綱引きの縄が切れけが人が出たとか。
けがをされた方々はお気の毒と思いますし、骨折した方もいるとかで大変な事故になってしまいましたよね。
せっかくの運動会、可哀想だなーと思って観ていました。

が、思い出した事があるんです。
そう!!私が小学生の時の運動会で父兄の綱引きで切れたんですよがく〜(落胆した顔)
その時は校庭中大爆笑の渦わーい(嬉しい顔)「お母さん達馬鹿力なんだよーー!」って。
でもね、この綱引きを再開したような記憶があってね。どうしたんだっけ?結んだんだっけか?と記憶をたどっていたんですがよくわからず…
そんな折、昨夜母から電話がありあの時の事を話していて「あの時どうしたんだっけ?」と聞いてみると、「確か中学校から借りて来たんじゃなかったっけ」と母。
そうだexclamation×2そうそうexclamation×2私達の小学校は目と鼻の先に中学校があってね。
放送で「中学校から借りて来ましたーー!」って再開が宣言されたような気がする。

笑えるよねー意地でも勝敗つけるってかわーい(嬉しい顔)父兄達も何事もなかったかのように、熱戦が繰り広げるわけで、私達はまた切れちゃうんじゃないかとドキドキあせあせ(飛び散る汗)

あの時怪我をした人がいたのかいないのか解らないけど、救急車が来たりは無かったのでせいぜい擦り傷くらいで済んだんでしょう。30年近く前の出来事だろうから、学校の責任が…なーーんて話も全く出なかったしなー
母とも今なら問題になったのかねーって話してたんだけど、今なら再開はなさそうな気もするなーどうだろう?
運動会と言えば日曜日にやるのが当たり前だったから、借りに行った中学校だって部活に来てる先生とかしかいなかったりして、きっと校長や教頭の許可をとって…とかじゃ無かったと思うんだよね。
事情を話して「それは大変!持ってって!」てな具合じゃないかと。
機転を効かせた小中学校の先生に感謝である。んーーいい時代だった。

でもまあ綱引きの綱って年に一回しか使わないものだけど、耐用年数は決めておいた方がイイかもね。
at 07:43 | 東京 ☔ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年08月16日

倉本聰と宮崎駿

久しぶりにPCに向かっています。
iPad買ってから情報収集は寝っころがってでも出来るようになり、ぐうたら度が増してます。

さて、この夏は節電ってことで、会社も一斉休業がありまして入社以来初めて?お盆を休んでいるような・・・

やはりこの時期戦争がらみのテレビ番組なんかも多く目にしますよね。CSやBSだと地上波よりさらに顕著な気がします。
この休み中。「シンドラーのリスト」(二回目ですが)や「ヒトラー最期の12日間」なる映画も観たりしました。
今年ほど「平和」って言葉の意味を考えさせられるお盆は無かったかも。


さて、13日(土)偶然にもフジテレビをつけたら、「北の国から ’87初恋」再放送がやってるじゃないかー!!
ホントに開始と同時くらいにチャンネルを合わせた自分に興奮してしまいました。
もう何度観たか解らないのに、やってるとやっぱり観ちゃう。

北の国からって観れば観るほど、そして年齢とともに感じ方や着眼点が変わってきます。
ストーリー展開だけでない魅力がこれほど詰まったドラマが他にあるかな・・・
まあ結構このドラマ観てるだけで落ち込むとか、嫌いな人も多いでしょうが^^;

20日(土)には北の国から30周年番組がBSフジで放送されます。
五郎さんの生き方について着目した内容になっているようで、倉本聰氏の話もたくさん聞けるみたいなので、録画してみようと思います。

倉本聰氏と並んで宮崎駿監督の話にもいつも考えさせられる事ばかり。
二人の考え方には多分に共通項が多いように思いますし、普遍的。

先日これも偶然にCNNで宮崎駿監督のインタビューが放送されていました。
ちょっと興味深かったお話に「石原都知事は『もののけ姫』を観て、意味が全く分からなかったと言ったが、子供たちはすごく良く解ったと言ってくれた。どちらのお客さんを大事にすべきかは明白」と。
苦笑いしか出ないですよねー


脈絡も無くこの夏休みの私のテレビ事情を話してしまいましたが、私は五郎さんにもナウシカにもなれはしないけど、二人の言葉や作品にもっと目を見開いて、耳をそばだてて・・・いきたいと思った数日間でした。


↓勢いで予約した。ブルーレイまだ再生できないのにわーい(嬉しい顔)

北の国から@ Blu-ray(期間限定生産商品) / 田中邦衛, 吉岡秀隆, 中嶋朋子, いしだあゆみ, 竹下景子 (出演); 倉本聰 (原著); 倉本聰 (脚本)

北の国から@ Blu-ray(期間限定生産商品) / 田中邦衛, 吉岡秀隆, 中嶋朋子, いし...

「北の国から」A〜C Blu-ray Box(期間限定生産商品) / 田中邦衛, 吉岡秀隆, 中嶋朋子, いしだあゆみ, 竹下景子 (出演); 倉本聰 (原著); 倉本聰 (脚本)

「北の国から」A〜C Blu-ray Box(期間限定生産商品) / 田中邦衛, 吉岡秀隆, ...

追記
今回「つららさん」が松田美由紀である事に初めて気がついた><!
若い頃の岩城滉一、今の反町にほんっとそっくり過ぎ!
 
at 16:13 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年05月30日

デジアナ変換

最近我が家にJ:COMがやって来たわけだが、長らくテレビ画面の右上に現れていた文字が「アナログ」から「デジアナ変換」に変わった。
これはアナログをデジタルに変換して移してますよって意味なんでしょうね。
地デジカ君が「このテレビは・・・」って言った後に流れる映像も、砂嵐から「地デジが見れるよー」的なものに変わった。
気持ち映像もきれいになったような気もするが、なぜかちょっと寂しいのは何ででしょうねぇ〜
皆さんはもうアナログテレビは見ていないのですかね?私はなぜかアナログ最後の日をアナログで過ごしたいと、頑に思っているのでございますww

とりあえず、完全移行がなされるまでは今のアナログテレビを買い替えるつもりは無いのですが、買うとしたら・・・と品定めだけはしております。
特にすごくテレビ好きなわけじゃないのに、買おうとすると妙に様々なスペックが気になりだし、調べもの好きの血が騒ぎだしては、「そこまでいらんでしょ!パンチ」と自分に突っ込む・・・という繰り返し。
私にとって一番いらないと思うのは、3Dですかね。見たとしても最初だけのような気がしますし。
まーー山崎まさよしが飛び出して来たら、ガッツリメガネかけて視るんでしょうけど目 そして後ろに倒れるみたいな・・・わーい(嬉しい顔)
3Dテレビ持っている方、「いやいや、こんな番組見たらはまるよ!」なーーんて情報がありましたら、是非教えてください!


さて、こんな我が家のテレビ事情はさておき、今クールはドラマを二つも見ています。
決まった曜日に決まった時間に家にいないし、録画をしてまで見たいドラマもそうそうなかったのすが、日曜日の夜「江」「仁」を連続で見る。これが妙に楽しみになっているのでありんすよ。

「江」は鈴木保奈美の復活ドラマって事で、何となく気なって見てましたが、早々に死んでしまい・・・今はナレーションだけですね。ただこのドラマはどうも「大河ドラマ」って言うより普通の現代劇のようなテイストですよね。ちょっと喜劇的な感じもあり。
俳優陣もそんなキャスティングですし・・・とか言いながらも昨夜は茶々様に泣きました^^;

でもって「仁」も時代劇って感じではなく、連続ミステリードラマ?かな。
ホントに先が見えないし、ほんの少ししか話が展開していかないので、じれったくも面白く見逃せないぜよぉーー
最後、話の落としどころをどこに持っていくんだ?
私としては現代の端々に微妙な変化を及ぼしちゃってはいたけれど、やっぱり大きな歴史は変わらなかった・・・的な所に落ち着くのではと思っているのでありんすが・・・
皆さんの予想は如何に??
  
at 22:35 | 東京 ☁ | BlogRanking | Comment(4) | TrackBack(0) | その他

2011年05月17日

原発記事等まとめ 2

3月11日から2ヶ月以上が経過しました。
今になってやっと、「実は・・・」と言うたぐいの情報が今更のように出てきています。
それでも尚、「はぁ?ふざけてんの?」と感じるような寝ぼけた発言を毎日見聞きするにつけ、憤りを感じます。
今回もここ2ヶ月の間に見た映像を中心に集めたものをご紹介します。

自ら情報を取りにいっている方なら、既にご覧になっているものも多いと思いますが、初めて知ったよ!というものがあれば、少しでも多くの方に拡散してほしいなと思います。

2011.4.10 小出裕章取材 by岩上安身


この映像を見た事をきっかけに、小出裕章さんという方に非常に興味を持ちました。実に冷静に解りやすく誠実に真実を語ってくださっている事が解るかと思います。そこで彼の発言について、今は新たな情報をツイッターなどで集めることにしました。
それと同時に、ここでインタビューをしている「とくだね」でおなじみだった、岩上安身さんの活動にも本当に本当に頭が下がります。
ぜひこちらのWeb Iwakamiもご覧になってください。
そして小出さんの過去の提言にも目を向けて様々な動画を見てみたんですが、この討論会は今聞くと実に恐ろしいと思いました。↓

1/3【原発討論】推進派vs反対派 小出裕章氏(京大助教)


2/3【原発討論】推進派vs反対派 小出裕章氏(京大助教)


3/3【原発討論】推進派vs反対派 小出裕章氏(京大助教)


さらに、なぜ小出さんがこのような提言を行うようになったのか、その過程なども語っていらっしゃって、見応えのあるものがこれです。

なぜ警告を続けるのか~京大異端児1/4


なぜ警告を続けるのか~京大異端児2/4


なぜ警告を続けるのか~京大異端児3/4


なぜ警告を続けるのか~京大異端児4/4


このような活動が実ってやっと民放テレビでも、論調が変わってきたのでしょうか?最近こんな番組も放送されるようになってきました。

テレビもやっとここまで言えるように、2011-5-12


じゃあなぜ今まではこんな番組を見る事が出来なかったのか・・・
その一端を二つほど

ニュース解説 眼 4/6(水) 電力会社と知識人


ニュース解説 眼 4/7(木) 電力会社とメディア


本当に「知らない」って恐ろしい。「無関心」って恐ろしい。
今回の事故はもちろん政府や東京電力の責任は重いと思いますが、私たち一人一人の「無関心」が引き起こした事とも言えると思います。
これまでの自分を反省しつつどう行動したら良いのか・・・何が出来るでも無いにせよ、考えていこうと思います。

ちなみにこの番組内で勝間和代さんの「朝生」での発言が紹介されていましたが、この「朝生」を私もまさに生で見ていた訳なんですが、勝間さんだけじゃなくほりえもんの発言などにも驚かされましたよ本当に!でも勝間さんは良い意味で最近寝返りましたよね。彼女の好き嫌いはまた別として、寝返った理由は別として、「間違ってたなら間違ってたと言う」事自体は、多くの「嘘」を垂れ流してきた方々には見習っていただきたい。私もそうありたいと思います。

まだまだご紹介したい映像はあるのですが、またこの次に・・・
 
at 23:55 | 東京 ☁ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月22日

原発記事等まとめ

久しぶりに書くblogがこんな記事になってしまいましたが、ここ数日友人・知人の日記やツイート、見知らぬ人の発言、ネット検索等々で原発に関して今まで私が知らなかった事というか、知ろうともしなかった事ですが目にしたものをまとめて記事にしたいと思います。
既にご自分で情報収集されている方にとっては、さして新しいものはないと思いますが・・・

私は物理学にも原子力発電についても全くの素人ですから、これらのソースや記事の信憑性を検証する能力は全くありません。
そして不安を煽ろうとしている訳でも無いけれど、正直テレビ見てると信用できない事ばかりなのと、頭の中に入れておいてもよいのでは・・・と思うものをブックマークしていってたらどんどん増えてしまったのでひとまずまとめてみようと思いました。
今回集めたものは悲観的なものに偏っています。肯定的なものは一つだけですが、これらをどう思ったかはあえて書かずに載せます。

では、このまま事態が収束する事を願って。

●データ関連から

都内における大気浮遊塵中の核反応生成物の測定結果について

東海・東海第二発電所の放射線監視状況(トレンドグラフ)


●現状を検証している記事や映像

武田邦彦(中部大学)

3/17 福島原発の現状と、今後予想される危険〜後藤政志さん


ニュースの深層3/17(木)「福島原発事故 メディア報道のあり方」1/3


ニュースの深層3/17(木)「福島原発事故 メディア報道のあり方」2/3


ニュースの深層3/17(木)「福島原発事故 メディア報道のあり方」3/3


【高田純】福島原子力発電所の行方[桜H23/3/15]



●原発自体について

原発がどんなものか知ってほしい

日本の原発奴隷

原発の危険性


  
at 00:03 | 東京 ☔ | BlogRanking | Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2009年09月21日

穴通磯にも

穴通磯にも秋刀魚のあと、穴通磯にも行きました。

同じ太平洋にも、いろんな表情がありますね!

子供達と自然とに戯れ、赤ちゃんを見て…
そんな三日間でした。


先程は気仙沼をチョロッと眺めて、今一ノ関を発ったところです。
ここまで来ると、東京が恋しいわぁー
at 14:52 | 東京 ☁ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年09月20日

秋刀魚祭り

image/2009-09-20T14:04:271

岩手は大船渡に来ています。
秋刀魚祭りで、これからつかみ取り!
at 14:07 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年08月16日

何年ぶりかの「北の国から」

金曜日急遽稚内空港へ飛びました。(仕事ですたらーっ(汗)
ちょっと問題が起きて現場に行ったのですが、そこで出会った社長さんがね、すごーくいい人でして「○○すれば、いいんでないかい」と言う語り口調が、あの「五郎さん」そのものに見えてしまって。暖かいものを感じました。

土曜の夜家に帰ってきて何気なく「オーラの泉」を見ていたら、何人目かに脚本家「倉本聰」が出演されまして。
彼の今の日本を憂う気持ちというか、色々な想いに大きく大きくうなずいて聞き入ってしまいました。

なんかもーこの二日連続の出来事に、がさごそがさごそ・・・
VHS映画をあさりだします。

何年ぶりでしょう「北の国から『初恋』」を見てしまいました。
北の国からの話をしだしたらもう止まらない私ですが、ビデオを見たのは本当に久しぶり。
ストーリーは完全に頭に入っていますが、今でも笑えるわーい(嬉しい顔)・泣けるもうやだ〜(悲しい顔)
凄いドラマだなぁ〜
ああいうの嫌いって言う人も多いと思いますが、北の国からは「愛」と「労働」のドラマだと思う。
総じて「生」のドラマになるんだろうか・・・

お盆と言うこともあり、戦争に関するドラマやドキュメンタリーなどの番組も多い中、改めて「生きる」って事を考えさせられる。

これが、ぷんこのこの夏のお盆の出来事だった・・・
 
at 23:23 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2009年08月10日

衝撃の2日間 1日目〜カラー診断とマジック Vol.2〜

さて、バッチリメイクで向かった先は・・・?

目的地へ行く前に3人でお食事ですレストラン
時間が中途半端だったため、ちょっと慌ただしかったけど、久しぶりに集まった3人でわいわいと、さっき受けたカラー診断の話やら近況報告やら・・・
男性の話が全く出なかったのは、気のせいだろうか・・・わーい(嬉しい顔)

そしてこの日の第2弾イベント「マジックバー」へと急ぎますダッシュ(走り出すさま)

住宅街の中にあるそのバーは、ホントに住宅の玄関のような扉を開けて入っていきます。
日中は他の目的に使われている店舗なんですが、夜は貸し切りのカウンターだけのマジックバーバー
3人は並んでカウンターに座ると、その前には「上地雄輔そっくり」なおじさんがexclamation
手元の操作で、微妙なスモークがたかれわーい(嬉しい顔) ちょっと大げさなミュージックがスタートしたかと思うと、カードマジックをはじめ、多彩なマジックが次々と繰り広げられていきます。
もうその度に、何が何だか解らない状況に「えーーーどんっ(衝撃) うそぉーーexclamation×2と歓声をあげる私達。
もう目の前の出来事に、いっくら目を皿のように凝らしても、まったくさっぱりわかりませーーん手(パー)
多分40分くらいでしょうか?そんな状態がガガガァーーーと繰り広げられたかと思うと、おもむろにその「上地雄輔?」は「じゃ!10時までごゆっくり!」と風のように去っていった。がく〜(落胆した顔)
彼は、次の披露宴二次会という営業に向かってしまったのだ。わーい(嬉しい顔)

それから私達の目の前のカウンターの中には、マジックが始まった時からずっと横で見守っていた、アシスタントらしきかっこかわいい若い男の子ぴかぴか(新しい)
「アシスタントさん?」・・・・・・・・・色々話してみたらなんとexclamation×2exclamation×2
さっきの「上地雄輔」の息子だったぁーーーがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
マッマジがく〜(落胆した顔) えっいくつexclamation&question・・・ 質問攻めである。
はっきり言って倍以上年上の私達相手に、淡々と受け答えしながらお酒作ったり、マジック教えてくれたり、学校のこと仕事のこと・・・etc

もうねーあんなにしっかりしすぎてて、いいのexclamation&question
私達大人は自問自答せずにはいられない帰り道だった。
彼は自分の人生を凄く冷静に見つめていて、でもどこか冷めているようにも、それでいて夢もあって・・・
なんだか私達の10代とはまるで違った大人な子供だった。
彼は学生でありながら芸能の仕事もしていて、それはとっても応援してあげたいし、がんばってよーーexclamation×2って感じだったけど。
きっと今私達が抱いている不安みたいなものは、彼らにはとうてい伝わらないだろうと思う。むろん知らなくて当然で知る必要もない。彼は彼の人生を歩めばいいわけだから。

けど、聞いていて二人の親子関係ってとってもいいな!って思った。
「仲いいんじゃーーん!」という私達に「悪いって言って無いじゃないですかーー」と返す彼。確かにわーい(嬉しい顔)
マジックはこの子が3歳頃お父さんに「やりたい!」って言ったのを機に、お父さんは息子に教えてあげるため、独自に研究しだし・・・自分がはまって商売になっちゃったっていうね!エピソードなんかも聞きまして。

マジックの衝撃はどこへやら・・・不思議な感覚の夜だった。
 
タグ:マジック
at 20:01 | 東京 ☁ | BlogRanking | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

衝撃の2日間 1日目〜カラー診断とマジック Vol.1〜

この土日は盛りだくさんだった。

まずは土曜日のお昼間に、高校時代の友人と合流し、とある古びたマンションの一室へ。
「パーソナルカラー診断」なるものを受けるために行ってきた。
肌色や瞳の色、顔立ちなど、本人の持つ個性から似合うカラー群を選び出すというもの。
その色は「春夏秋冬」と4つのグループに分けられており、それぞれに似合うカラーチャートが示されている。
同じピンクでも、サーモンピンクなのか桜色なのか、はたまたショッキングピンクなのか・・・似合う色は様々なのだ。

様々な色を顔の下に広げ、顔映りを比べていく。
全部で30枚くらいはあてたんじゃないかなぁ〜
私は日本人には一番少ないタイプの「冬雪だった。
このタイプは全身黒を来ても怖くならない、唯一のグループなんだってぇ〜

結構どんな色でも着てしまう私は、実際色的に何が似合うのかって、よく解ってなかったんだけど、解った上で色々振り返ると納得出来る部分も結構あったよ。
今まで何となく「こういう印象をあたえねきゃー」「こういう印象を与えないようにー」と似合う似合わないは別として・・・という観点も少し入っていた「もの選び・色選び」もあったけど、ある種ちょっと無理した演出も、もうおさらば出来るというか吹っ切れる。

似合う色を着て似合うメイクをして、自分の長所を伸ばした方が絶対いもんね!

自分のパーソナルカラーが解った後は、その色を生かしたメイクレッスンです。
やっぱり私が一番しっくり来ていた、アイシャドウやチークの色は大正解でした!
でも家にある様々なメイクアイテムを思い浮かべては「あーーあれ、もう使いたくないなー」なんて思うものも色々。

さて、バッチリメイクをして貰った後は、ミホちゃんとの待ち合わせ場所へ二人で向かう。
そこにはちょっとセンセーショナルな世界がexclamation×2

つづく・・・
 
タグ:カラー診断
at 05:39 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(4) | TrackBack(0) | その他

2009年08月02日

NTT→ソフトバンク

その昔こんな↓事もあったけど
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/055/55277.html

SMAPもやりましたねー
NTT東日本の顔から、Soft Bankへ。

どちらのCMも「NTTじゃなくてこっちにおいでよ」なイメージはあるよね。
どうなんだろ?こういうのってイメージアップになるのかな?企業にとっても出演してるタレントにとっても。
これで、SMAPの人気がどうこうなるとは思わないけど、Soft Bankはそんなに大金払ってそれに見合った成果を得られるのかな?5人一緒に出演してるんだから億単位のお金が動いていることは確かだし。

まあこういうことをされるだけ、NTTの力が大きいって事なのかな。


山崎君もこんな↓CMに出ちゃうとか、ありなのかな?



★特価★【送料無料】キリン 発酵ウコン 190g*30本


 
at 21:55 | 東京 ☔ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年07月26日

走らないとダメなんですか?

深夜枠以外あんまり興味のない26時間テレビですが、家に帰って何気なく見てみたり、でもやっぱ世界水泳も気になったり・・・とザッピング。

でね、何故か今26時間テレビが12時間耐久レースとか言って、三輪車のでがいやつ?こいでるんですけど・・・
で、出演者感動して泣いてるし・・・これじゃーどこぞの24時間テレビと同じじゃんねー
フジはユルユルのどーでもいい路線で貫けよ!って思うんですけど。
去年のさんまちゃんの方が全然楽しかったよ!

見ててこっちは全然感動しないし(皆さんは泣いたりしてるのかな?)
何がしたいんだか・・・
どこぞの24時間テレビだって、あのマラソン!年々エスカレートして死人が出るまでやるんじゃないの?と心配になるんですけど。
そこまで無理させて(相当なギャラらしいですけどね)ホントに意義があるのか?
私は見てて痛々しいだけです。
でも、番組中には「勇気を貰いました!」「感動しました!」ってメールやファックスが次々読まれるわけで・・・きっと「もうやめさせろ!」みたいなものも来てるはずなんだけどね。


とにかくさーこういう感動の押し売りはやめて欲しい。
実際、私は1oも感動しない。
年々見てて気持ち悪くなる。
 
at 19:35 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(7) | TrackBack(0) | その他

2009年07月19日

サングラス

お久しぶりです!約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
この間まさやんLIVEと共に、旅行をしたりとか色々書きたいことは山ほどあるのですが・・・
なんか疲れてましてね、心身ともに・・・
そんなこんなで、最近は熱出してぶっ倒れておりました。
もう回復して元気になりつつありますので、大丈夫でございます。


さて、先日買いました「サングラス」眼鏡の事なんですけど。
私視力がすこぶるいいもんで、裸眼で1.2位なんですよ。
どんだけ勉強してないんだ!位な勢いですよね。今どき珍しいと思うんですが、ホントに感謝感謝な私のお目々目

なので、眼鏡という物を持っていません。かけていません。(当たり前です)
と言うことは、どういう事になるかと申しますと、自分の眼鏡姿がどーーもしっくり来ないのです。何をかけても似合うと思えないのです。
今まで何度もサングラスの試着をしては、訳がわからなくなり、結局買わずじまいに・・・
と言うことが殆どでして、どーも私がサングラスや眼鏡をかけると、風紀係の女教師風になっちゃうんですね。
いやいや、もっとソフトにお願いしますよーという感じである。
昔先輩に「それかけて、押し倒してくれ」って言われたことも・・・

そこで、客観的な目を導入してサングラスを買おうと思い、先日ミホちゃんにその目をお願いしました。
店員さんだとどうしても「買わせたい」「出来れば高いの」って言うね、想いが入ってしまいますから、友人でなければなりません。しかも似合わない物は笑い飛ばすくらい出来る人でないとね。

ずっと前に試着した時、多少なりともパープル系ならOKなのでは?と言う気はしていたので、その点をまず確認した上で、やはりパープル系に的を絞りあれこれ試着。
眉との関係、レンズの離れ具合、レンズの色味、かけ心地、フレームの有り無し、フレーム及びレンズの形、ざーます具合わーい(嬉しい顔)、女教師度、野村沙知代度(パープル故に危険である)、そして値段。
これらのチェック項目を見事クリアしたサングラスをGETしましたぁ〜手(チョキ)

いやーーよかったよかった。
長年の念願が叶った瞬間ですぴかぴか(新しい)
ミホちゃんホントにありがとうexclamation×2
老眼鏡の時も頼みます。

これで今年は目からのUVカットもバッチリ!
 
at 14:28 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(5) | TrackBack(0) | その他

2009年06月22日

山口最後の?夜

近況をご報告してから、また一週間以上が経ってしまったふらふら
只今山口に来ております。
2年ほど前から何度も通った山口ですが、明日で一段落付きそうです。
山口といっても広い訳でして、私がいるのは山陽小野田市。交通の便がかなり・・・でして、移動も大変です。
この辺や空港付近でタクシーに乗り、運転手さんに「この辺でどっか観に行くところありますかねー?」なんて聞こうもんなら、「無いよ!なーんにも無いよ!」と間髪入れずに答えが返ってくるんですよ。
タクシーの運転手さんが言うところがまた可笑しくてわーい(嬉しい顔)
こないだなんて、そこから田舎の自虐ネタ?みたいな話になっててね、私が「うちの田舎の方がもっと田舎ですよー」なんて軽くフォローしちゃうくらい。
見慣れた風景ともしばしお別れかーと思うとちょっぴり寂しいかな。

今日は夕方ホテルにチェックインして、コンビニ行って夕食に出かけるまでスナックつまみに軽く飲んだんですよ。
その後テレビ見ながらゴロンとして・・・起きたら10時前だったがく〜(落胆した顔)
ひょえーーあせあせ(飛び散る汗) 朝早かったしってのもあるけど、寝過ぎである。
このホテルの前にはいつも屋台がやってくる。
一度だけおでん食べたことがあるんだけど、じゃあ今日はそこでラーメンでも食べるかなーと出かけたら、いないどんっ(衝撃) 屋台が無いexclamation×2
今日に限って・・・バッド(下向き矢印)
では、近くのお店に・・・
閉まってるどんっ(衝撃) 早すぎだろパンチ それとも休み?
しょうがなく「Hotto Motto」で肉野菜炒め弁当を買った。
山口最後の夜はこうして更けていくのであった・・・三日月
 
at 23:07 | 東京 ☁ | BlogRanking | Comment(3) | TrackBack(0) | その他

2009年06月14日

一週間の近況報告

皆さんお久しぶりです。

なんか6月に入って、山あり谷ありの怒濤の・・・って感じでしたなぁ〜
ちょっぴり1週間を掻い摘んでご報告。

先週の土日はもう頭痛くて痛くて、死んでおりました。
もう梅雨にも入ったし、今後もちょっと不安だバッド(下向き矢印)

そんな感じのクタクタな体を引きずって月曜早朝から山口に出発
昼過ぎまでの仕事を終え、時間もあるしちょっと観光にでも行きたいところだが、この日は早々にホテルにチェックインして体を休め、ルームサービスの出前を取って、ずっとホテルから出ませんでした。
ここでやっと充電できまして、翌日も同じく山口での仕事を終え、午後は広島へ移動
ホテルにチェックインした後、支店に顔を出して翌日の仕事の準備をして、夜は飲み会。
久しぶりにお会いした方々と楽しい会食バー&カラオケカラオケ
翌朝ホテルを出発し、広島東部へ車でGO!
この日はかなりのどしゃ降りでした。午前中で仕事を終えて昼食後広島空港へ。
空港は凄い霧に包まれていて、中国からの国際線や福岡からの便が着陸できない状況に。
離陸には問題なかったのか、私の羽田行きは定刻通り出発できてよかったー

帰ってきたらんもーなんか異常に疲れちゃってね、8時か9時頃には寝ちゃったんじゃないかと。
こんな時はたいがい夜中に目が覚めちゃいますが、案の定2時頃目が覚めて・・・
でも、広島空港で買った本「運命の人/山崎豊子」が面白くって。本を読んで暇をつぶしながらまた眠くなるのを待つ。
考えてみれば、彼女の小説はドラマ化されたものは結構見てるけど、読むのは初めて。
やっぱ面白いわー取材力が凄いなーとあっという間に読み進められちゃいますね。
確か全4巻だけど、読むのが遅い私でもあっという間に読んじゃうかも?

木曜日は久しぶりの出社でしたが、朝起きた時は「ダル重ー」だった体もなぜか会社に行ったら元気になった。
おかしいなーそんなに会社好きだったっけ?わーい(嬉しい顔)
比較的平穏な1日が過ぎ、翌金曜日は会社の創立記念日でお休み。
しかし、この日は毎年恒例社内ゴルフコンペがありまして、ずっと出ていなかったのですが昨年から参加することになり、今年も行ってきました。
超へたっぴなぷんこですからして、ゴルフって言うよりクロスカントリーな私はもうヘトヘトですよふらふら

しかーしこの日はこれで終われないのだ。
山崎まさよし
 “Walkin' in my shoes” Tour 2009 in 千葉文化会館

行ってきましたよー!!
ゴルフの疲れもあり、大丈夫かこの体・・・との心配も、山崎の登場にぶっ飛びましたるんるん
もう1ラウンド出来るんじゃね?って位の自分の回復ぶりに笑えたわーい(嬉しい顔)
その後も夕食がてら飲みに行きましたが、さすがにもうこの時点では私のバッテリーも残りわずかとなりました。
24時頃自宅に帰り着き、筋肉痛の体を引きずり早々にベッドに潜り込んだのでした眠い(睡眠)眠い(睡眠)

昨日土曜日は昼過ぎまでウダウダと眠り、夕方からは山崎仲間の方々と、沖縄組の報告会を兼ねた飲み会
実は夕方からまた頭が痛くなりそうで、行くのどうしようかなーと迷ったんですけどね、薬飲んでその後悪化せずに治ってくれたから良かった。
行ってみたらあんな写真やこんな写真に目が丸くなっちゃいましてどんっ(衝撃)
ひゃーー来年は絶対行きたいーーexclamation×2
やっぱり飲み会行けて良かったわぁ〜企画してくれたtodoくん&みどりんありがとう!

そして3日間のLIVEを堪能するにはかなり馬力が必要なようで、そのためには対策も欠かせないということが解り、来年は出発前に作戦会議をしなくては・・・ということに。
貯金もしなくちゃだねー


とこんな感じで、楽しく盛りだくさんな1週間でしたが、なんかこう体力的に辛かったなぁ〜と
やっぱり最近運動してないし、またホットヨガを始めなくちゃとつくづく痛感な1週間でした。
  
  
at 18:41 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(10) | TrackBack(0) | その他

2009年05月20日

ついに東京でインフル

やっぱりというか・・・
お昼休みに200人越えのニュースを見て、もう来てるかもなーなんておぼろげに思っていたけど、近くまでやってきてしまいましたね。

そんなニュースを見ていたら、何となく体が熱い気がして、熱計ったら36.9度でした。
ちなみに私は体温高めなんで、この程度の体温はよくあります。
とりあえず一安心。

でもこのまま東京で広がってしまうのかは、まだ解りませんよね。
明日からはマスクをしないといけないなー

私は特に風邪にかかりやすいわけではないのですが、何度かここで書いている通り100万人に一人の?特異体質でして、最上級の薬疹経験者です。むやみに薬が飲めません。
タミフルは1度飲んだことがあるけど、本当に怖いのは2度目ですからね。
2度目のタミフルを飲まなくて済むように、気をつけなくてはーー


ー追記ー
只今ニュースががく〜(落胆した顔)
神奈川県川崎市でも感染が!!
弟夫婦が住んでますよぉーー
小さい子もいるし、お腹の中には赤ちゃんも・・・
心配ふらふらふらふら
at 23:04 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(5) | TrackBack(0) | その他
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。