2005年11月27日

29クリ

昨日の夕方偶然にもCSで懐かしい連ドラを一気に放送していた。
このドラマ毎週欠かさず見ていたのに最終回だけを見逃していて、内容も聞かず再放送を待っていたのだ。
何度か昼間このドラマをやっている事が解ったのだが、何故か最終回の日に録画を忘れてしまい、11年もの歳月が経ってしまった。

それは「29歳のクリスマス」山口智子・松下由希・柳葉敏郎・仲村トオル・水野真紀と出演者もストーリーもトレンディードラマの王道をいくような物だ。
放送当時私は23歳学生という身。29歳と言えばバリバリ働く格好いいお姉さんなイメージだった。

実際の私の29歳は何だか中途半端で、冴えない感じだったなぁ〜
想像ともドラマの中とも大違いだった。大企業の御曹司や、世界に羽ばたく音楽家なんて現れなかったし(笑)

あーだけど最終回が見れて、スッキリしたなぁ〜
山口智子はキサ製作所(仲村トオル)と結局どうなったんだ?
松下由希はギバちゃんとの子をどうしたの?ドイツには行くの?
ギバちゃんは結局胸キュンの思い出女(水野真紀)を連れて行くのか?
と、全ての???が解消されたので。

それと、見終わったらその後の3人ってどうなったんだろう?って思っちゃった。
これから新たにスタート!って感じの終わり方だったしねぇ〜
来年「41クリ」が見たいよ。ハハッ!
at 18:42 | 東京 🌁 | BlogRanking | Comment(5) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
29才って複雑なお年頃なのね、と当時見ていたな。でも、実際なってみると大したことはなかった。
ちゃんと、内容を覚えているなんてすごいな。私なんて、次から次へと忘れちゃう。
Posted by tugumi at 2005年11月27日 22:43
私も話の内容なんて忘却の彼方。
山口智子とマライア…しか憶えてません(笑)。ていうかその時ちゃんと観ていたかどうかも今となっては不明…。
Posted by anoji at 2005年11月27日 23:22
tugumiさん
そうそう、どの年齢もなってみると「大したこと無いな」って思うよねぇ。

anojiさん
たぶんこのドラマは「見逃した」って事で結構覚えていたのかな?でも改めて見て「あーそうだったそうだった」って事いっぱいだったよ。
Posted by ぷんこ at 2005年11月28日 02:30
私、このドラマ大好きで再放送も見てました。
最終回は泣いたっけな〜。女の友情の厚さに。
でも・・・あんな29歳はワタシにゃぁなかった・・・(ボソ)
Posted by たま at 2005年11月28日 11:53
たまさん
私も思った!あれだけぶつかり合える友情って凄いなって。ちょっとした友達なら「もういい!」って喧嘩別れになるような言い合いは迫力でした。
女の友情はよく希薄だと言われますが、そんなこと無いよねぇ〜
Posted by ぷんこ at 2005年11月28日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。