2012年07月16日

いじめられている方々へ その1

最近各地の小中学生のいじめ報道が多いですね。
学校(主に校長や教頭)や教育委員会の方々の会見とか見てると、「わかってねー!」って怒りが込み上げます。
が、振り返ればそうだよね、解ってなかったよな・・・って思います。
いじめは絶対に無くならないと思っていますし、学校だって親だって気付きません。
だって当事者(被害者・加害者とも)は気付かれないようにしますから

そしていじめは子供だろうと大人だろうといつの世もどの国でもあることです。
ただ大人の場合は自分の存在する場所が複数あったり、自ら逃げ道を作ったりする事も出来る。
でも子供は違う。家庭以外に学校は全てに近い存在だ。
そんな中で孤立したり暴力を受けていたら、それが自分の人生の全てのように見えてしまうのは当たり前。


今いじめられている方々に色々と聞いてほしい事があるんですが、まずは自分の事を書きますね。
正直これ書こうかどうか・・・と思いました。
このblog、当時を知る人も見る可能性があるしなって思うから。
でも今私は誰も恨んでいないし、今はこうやって話せる位ですから「そういうこともあったな」と思える精神を持っている事を申し添えて書こうと思います。


私は小学校2年生の時に今の実家より多少都会から引っ越してきました。という事で転校生でした。
転校前の小学校1年の時のクラスの雰囲気や担任の先生の影響を大きく受けていた事もあり(この1年生の時の事は私の人格形成に大きく影響しているので、話しだすと一晩かかるかもww)転校早々目立ちましたね。
自分で言うのも・・・ですが成績も良かったです。常に100点目指してって感じでしたし。
運動神経は中の上くらいでしょうか?副委員長とか何度もやって、所謂中心的な場所にいたと思います。(通知表にもそうやって書いてあります)
そんな感じですから、先生方からはうけよかったし手を煩わす事もさほど無かったでしょう。
こんな優等生的な私でしたけど、それは中学2年になった時から一変しました。

中学1年から2年にかけてクラス替えがありました。
クラス替えがあると「さあ新しく誰と一緒につるもうか・・・」みたいな雰囲気ありますよね。
私はいつもこの雰囲気を何となく乗り越えて来たんだなって今になって思います。
人見知りしない性格なので友達を作るという事に、一生懸命になるという事は無く気付いたら仲良くなってたって言う感じでした。
でもきっとそうじゃない人もいっぱいいたんだと思います。
私みたいになーーんにも考えずに人に話しかけられる人ばかりじゃないし、口べたな人もいる。
だからある程度のグループが形成されるまでには、きっと友達活動みたいなものを頑張って(意識的か無意識かは別として)クラスの中の自分の居場所みたいな物を確保したんじゃないかと。
だけど私は頑張って友達活動しないし、また元々「一緒にトイレに行こう」とか誘わないタイプだったんですね。
色々起きた後で気付いた事だったんですけど、女の子って結構トイレに友達を誘うんだよね。
「行きたくなったら行く」派の私としては、この事に全然気付いてなかったんだよ!!
あと部活もね〇〇ちゃんと一緒に〇〇部に入ろう!とかいう発想が無かったので、入りたかった剣道部に素直に入り、気付いたら新入部員の女の子は私一人だったのです。でも別に先輩方も大事にしてくれたしノープロブレムと思っていました。

まあ今になるとこんな私の行動や性格も1つの呼び水となったのでは?と思いますが、きっとなんと言うか「鼻につく存在」だったんだと思います。
しかもストレートに物事表現してしまうし、ムカつくんですよねこういう女。

あるこの日を境に・・・というのは無かったように思いますが(もしかしたらあったのかもしれないけど)気付くと私は学年中の殆どの女の子に相手にされていませんでした。
あからさまな完全無視ではありません、でも休み時間私に声をかける人はいないし、細かいけど印刷物が前から回って来ても振り返って私に渡さないとか、グループを組む事があったらもちろん私は誰とも組めないし、給食のため食堂(があったのです)への行き来も一人。トイレの個室で私の悪口を聞き、出るに出れなくなった事も・・・etc

なんだろう・・・今あの時の色々な事思い出そうとしても具体的な事ってあんまり出てこない。
ただ、とにかく学校に行く事が毎日大変だった(仮病休みもちょっと使った)のと、廊下で誰かとすれ違うのが苦痛だった感覚だけは鮮明に覚えてる。
大好きだった部活の中でも色々あって、数ヶ月行けなくなったことがあった。
それでも家に早く帰るわけには行かないので(親には言えないので)、学校でなんとか時間をつぶして家に帰ったように記憶している。
都会のように学校帰りに時間をつぶす場所などないので、これも結構大変だった。
結局部活については部活顧問が職員室で私を見かけた際に「おめー最近部活来ねーじゃねーかよー」という一言で担任に知れる事となり、呼び出されたり何だかんだで復帰したけど。

でも解ってた事は女子みんながそうしたくてしてたわけじゃなかった事です。
別に私にムカついてない人もいたと思います。というかいました。
でも彼女らは私と仲良くする事にリスクがあったんです。
私に触らない方が身の安全は保てたという事です。
この辺はあとで再度触れたいと思います。
だから昨今のいじめ報道でなんか人ごとのように聞こえるクラスメイトの証言とか、本当は色々思ってた事とか、もどかしい想いがあったんじゃないかなって思えてならないのです。

それと微妙に困ったのが男性問題ですww
いや中学生ですから、かわいいもんですが・・・

3年生になった時転校生のJ君がクラスにやってきました。
たまたま最初の席替えでJ君は私の隣になりました。
何も私の状況を知らないJ君は、学校の事とか知らない事などたくさんあるし、容赦なく私に話しかけてきます。
私も聞かれれば最低限答えますから、自然と他の女子より話す機会は多くなるわけです。
中でも忘れられないのが、私の中学(学区内全部)では男子は校則で全員坊主でした。
だから学区外から転校して来たそのJ君は、坊主を強要されたわけですね。それが凄く悔しかったのでしょう、私に前の髪型に付いてサイドを流してどうこうと・・・こんな髪型だったのにさーと愚痴をこぼしてきました。
私の性格のまま答えたら、「みんな坊主なんだからそんな髪型の事なんて解んないよー」って明るく返したい所でしたが、「ふーーん」と聞き流しました。
休み時間は仕方なく読書の時間に充てていた私に「本ホントに好きだねー」って言ってくるし。「うん」って言いながら「いやべつに」って思いながら「私に関わらないでくれー」とも。
だって、この状況を見て既に「私がJ君を狙ってる」的な噂を耳にしていたので・・・

それと同じ部活のS君が私を好きだという噂があり、それをこれまた同じ部活のA君が囃し立て、噂は英語の授業中先生のネタになるということまで・・・というありがた迷惑なことも>< (これ結構な期間だったんだよ)
S君の気持ちは直接聞いていないので定かではありませんが、同じ部活だし以前は普通に話す事も出来たのですが、これ以上尾ひれがついてもいけないし迷惑かけてもいけないし・・・という事でもう殆ど会話すら出来なくなってしまった。ホントにS君はいいやつだったんだけどなーと思う。
もちろんA君も私を困らせようという意図は全くない事は解っています。単にいじられキャラなS君をいじって楽しんでいただけに過ぎないですし、S君とA君は仲良しです。

あと部活も引退して受験対策の補講授業などが行われていた時期。
家が数十mしか離れていないHとは良く帰り道で一緒になり、志望校も一緒だったから歩きながらよく話してた。
これまた目撃者は色々とある事無い事言っていたのであった。これも何故か私に聞こえてくるのです。

別にこんな噂は、本来私が好きに発言出来る環境だったら反論とか色々出来たけど、とにかくおとなしくしている以外に方策が見つからなかったので、全て苦笑いでやり過ごした。
今の私では考えられない行動だよなーーでも当時の私はとにかく早く中学を卒業したい!それだけが私のモチベーションだったのは確かです。
それまで何とか辛抱しよう、高校に受かって卒業さえすれば・・・それだけが生きる望みだったかな。

長くなったので、つづく・・・
  
タグ:いじめ
at 00:52 | 東京 ☀ | BlogRanking | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281224752
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。