2005年03月05日

押尾様 やっぱりあなたは素晴らしい!

今夜は待ちに待った押尾さんテレビ出演の日
ホントにもーいつもながら凄いったら!

昨年ライブで一人メンバー紹介を生で見たときはホントに楽しくて、感激しちゃったけど、今日もあれが見れた!今回は三味線までメンバーに加わって進化してるなぁ〜
ピンクレディーのUFOのハモリ、納得納得!大きくうなずいちゃいました。そうそう!

押尾さんはギター音楽と呼ばれるものだけでなく、日常のどんな音でも音楽でもギターで表現できちゃうんだねぇ〜きっと。
あそこまで行くと頭の中で鳴ってる音は、殆どギターで奏でることが出来るんだろうなぁ
〜素晴らしい。

ライブの時の映像も映りましたが、広い会場の2階席まで行ってお客さんと握手したり会話したりコミュニケーションをしている押尾さん。こんなライブ出会ったこと無いなぁ〜ファンを大切にしている彼の優しさ、人柄も垣間見られた。
将来ギターフェスティバルみたいなものをやってみたいと仰っていましたが、その時は是非「三人の侍」char・奥田民生・山崎まさよしもお仲間に!「ギター侍」も呼んどきますか?(笑)なんか楽しそう。勝手に想像してワクワクしちゃう。


三味線とのコラボもこれまた楽しませてもらいました。

で、三味線を見ていて思ったのですが、番組中でも言ってましたけど、フレットが無いですよねぇそれなのに感覚だけで弦を押さえるあの技術、これまた凄い。
よく考えてみると日本の楽器ってこういうの多い気がしてきた。
「ここを押さえると『ド』の音が出ます」みたいな構造になって無くて、「ここら辺でこんな音が出ます」「こんな風に吹くとこんな音になります」と言う感じの・・・構造が凄くシンプルな楽器って多くないですか?
これって日本人が考えた楽器という意味でなんか納得できるな。この曖昧さが。
楽器にも国民性ってきっと現れるよね。

今夜はテレビに触発されて、またまたギター弾きっぱなしの夜。
で、ふと指先を見ると真っ黒になってる!弦を張り替えたばかりとはいえこんなにも黒くなるなんて・・・しかもストロークの曲をがんがん弾いていたら、右の爪の先までも!こんな事今まで無かったのにぃ〜
これって、弦のせい?半年前に買ったから弦が古いとか?それともこれって普通のこと?
誰か教えてくださぁ〜い!help!
この記事へのコメント
でしょ〜?でしょ〜?? 押尾さん素敵っ!
と言いたい所なのに、私の住んでる地域の放送予定日はずっと後。
こちらで番組の様子がわかって、楽しみが増しました♪
弦は、よほど空気に触れたりしない限り、かなりの期間(半年でも)保存OK、とギター屋さんに聞いたのですけど…。
Historyを使ったこともなくてわからないです。
力になれずごめんなさい。初心者の疑問はつきないですよねぇ。。
Posted by さるとび at 2005年03月05日 14:06
お!テレビ東京ですもんね。ネタバレになっちゃって・・・(汗)
放送まで楽しみにしててねーん。更に好きになっちゃいますよぉ

弦のことそうですか。半年くらいなら全然問題ないみたいですね。もう手も黒くならなくなったんで、大丈夫みたいです。情報ありがとうございます。
で、気がついたんですが弦って製造年月日書いてないですね。ここからも相当な期間大丈夫って事なのかなと思ったんですが、書いてるのもあるのかな・・・
Posted by ぷんこ at 2005年03月05日 23:53
Historyは島村楽器のオリジナルブランドじゃなかったですかね?
たぶんギターとかもあったはず。同タイプのものなら若干お手ごろ
価格だったような。内容は当然違うでしょうけど。

弦は新品でも当りはずれがあるので、交換してすぐでも運が悪いと
音のよくない場合があるので、何日経ったからとかでなくフィーリングが
良くないと感じたら交換する方が良いと思います。

手が黒くなるのはたぶんみんな同じだと思いますよ。
Posted by まさき at 2005年04月26日 13:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

押尾コータロー ドラマテック・ライブ
Excerpt: 押尾コータロー氏のライブを収めたDVDを見ました。とにかくレパートリーが広い!懐かしいテレビの特撮ヒーロー物のテーマ曲から坂本龍一の“戦場のメリー・クリスマス”、それにラベルの“ボレロ”の様な壮大なク..
Weblog: お父さんのギター倶楽部
Tracked: 2005-04-25 17:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。