2009年08月10日

衝撃の2日間 1日目〜カラー診断とマジック Vol.2〜

さて、バッチリメイクで向かった先は・・・?

目的地へ行く前に3人でお食事ですレストラン
時間が中途半端だったため、ちょっと慌ただしかったけど、久しぶりに集まった3人でわいわいと、さっき受けたカラー診断の話やら近況報告やら・・・
男性の話が全く出なかったのは、気のせいだろうか・・・わーい(嬉しい顔)

そしてこの日の第2弾イベント「マジックバー」へと急ぎますダッシュ(走り出すさま)

住宅街の中にあるそのバーは、ホントに住宅の玄関のような扉を開けて入っていきます。
日中は他の目的に使われている店舗なんですが、夜は貸し切りのカウンターだけのマジックバーバー
3人は並んでカウンターに座ると、その前には「上地雄輔そっくり」なおじさんがexclamation
手元の操作で、微妙なスモークがたかれわーい(嬉しい顔) ちょっと大げさなミュージックがスタートしたかと思うと、カードマジックをはじめ、多彩なマジックが次々と繰り広げられていきます。
もうその度に、何が何だか解らない状況に「えーーーどんっ(衝撃) うそぉーーexclamation×2と歓声をあげる私達。
もう目の前の出来事に、いっくら目を皿のように凝らしても、まったくさっぱりわかりませーーん手(パー)
多分40分くらいでしょうか?そんな状態がガガガァーーーと繰り広げられたかと思うと、おもむろにその「上地雄輔?」は「じゃ!10時までごゆっくり!」と風のように去っていった。がく〜(落胆した顔)
彼は、次の披露宴二次会という営業に向かってしまったのだ。わーい(嬉しい顔)

それから私達の目の前のカウンターの中には、マジックが始まった時からずっと横で見守っていた、アシスタントらしきかっこかわいい若い男の子ぴかぴか(新しい)
「アシスタントさん?」・・・・・・・・・色々話してみたらなんとexclamation×2exclamation×2
さっきの「上地雄輔」の息子だったぁーーーがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
マッマジがく〜(落胆した顔) えっいくつexclamation&question・・・ 質問攻めである。
はっきり言って倍以上年上の私達相手に、淡々と受け答えしながらお酒作ったり、マジック教えてくれたり、学校のこと仕事のこと・・・etc

もうねーあんなにしっかりしすぎてて、いいのexclamation&question
私達大人は自問自答せずにはいられない帰り道だった。
彼は自分の人生を凄く冷静に見つめていて、でもどこか冷めているようにも、それでいて夢もあって・・・
なんだか私達の10代とはまるで違った大人な子供だった。
彼は学生でありながら芸能の仕事もしていて、それはとっても応援してあげたいし、がんばってよーーexclamation×2って感じだったけど。
きっと今私達が抱いている不安みたいなものは、彼らにはとうてい伝わらないだろうと思う。むろん知らなくて当然で知る必要もない。彼は彼の人生を歩めばいいわけだから。

けど、聞いていて二人の親子関係ってとってもいいな!って思った。
「仲いいんじゃーーん!」という私達に「悪いって言って無いじゃないですかーー」と返す彼。確かにわーい(嬉しい顔)
マジックはこの子が3歳頃お父さんに「やりたい!」って言ったのを機に、お父さんは息子に教えてあげるため、独自に研究しだし・・・自分がはまって商売になっちゃったっていうね!エピソードなんかも聞きまして。

マジックの衝撃はどこへやら・・・不思議な感覚の夜だった。
 
タグ:マジック
at 20:01 | 東京 ☁ | BlogRanking | Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
息子の名前で検索したら、出てきたよー。
写真もかわいかったけど、笑顔で話してるときのほうが
もっとよかったなぁ。
マジックも不思議だったけど、
それ以上になんともいえない不思議な感覚があったよね。
また他のマジックにもいこーねー。
あ、それからナイスな扇子、ありがとう!
Posted by ミホ at 2009年08月10日 22:33
ミホちゃん
ほんと、まさかの展開だったねー
他にもいろんなの見てみたくなったね!
もうあっという間で、なんとも悔しい感じもあるんだけどね。
私もあのお父さんと一緒で、もし研究しちゃうとはまりそうなので、絶対にそれだけはやらないようにしようと、心に決めていますww
Posted by ぷんこ at 2009年08月16日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。