2009年05月03日

忌野清志郎さま

今朝この訃報にふれました。
そんな・・・もうやだ〜(悲しい顔) 悲しすぎる・・・
復活できて本当に嬉しかったし、またあのLIVEを観たかったのに。

私は清志郎さんのLIVEを観れたのは、自転車が盗まれて話題になった頃、野音で行われたフェスだった。
トリを勤めた彼のステージは最高で、自転車で登場するというパフォーマンスも見せてくれ、会場を一体にしてしまうステージは圧巻だった。
やっぱ清志郎ってスゲーーexclamation×2 やっぱり本物だっexclamation×2って本気で思いました。

彼の言葉で印象深いものがあります。
「僕らの音楽」が始まった当初の出演で鳥越さんのインタビュー中。
これからやりたいことだったか、夢だったかを訪ねられ彼は「もう一度ヒット曲が欲しい」と素直に語っていた。「何でなんですかねーわかんないのかなぁーみんな本物が」というようなことを自ら語っていた。
「これが『本物』のロックなんだぜ!歌なんだぜ!」って発し続けていたんだろうな。
もしかして死してその夢が叶ってしまうのかもしれないね。
こう言っている私も彼の作品は一つも持っていない。

キムタク主演の「GIFT」というドラマだったと思うけど、あの役も印象的だったな。
ちょっとイカれたオタクみたいな役で、あれは清志郎さんのはまり役だったと思う。
彼の出演シーンが毎回もの凄く楽しみだったのを覚えてる。

もう一度彼のステージが観たかった。
聴きたいもの、観たいものは聴ける時、観られる時に見ておかないといけないね。

清志郎さんのご冥福をお祈りします。
 
タグ:忌野清志郎
この記事へのコメント
少し前にまたメディアに出ていたので
大丈夫なのかな?と思っていたのですが
残念です。まだまだ若いですよね…。

私はライブは未見でした。一度は見ておくべき
アーティストだったと思います。

>「もう一度ヒット曲が欲しい」
正直な思いだったと思います。
良い曲がちゃんと売れる、そんな音楽シーンに
なってほしいです。


Posted by EIKO at 2009年05月03日 09:07
なんだかとってもショックです。
まだまだ、これからって感じだったのに。
Posted by t.zarmo at 2009年05月03日 11:24
今、実はすごく浮かれてて。
だけど、一方ではすごく沈み込んでる自分がいます。
私も、ライブおろかCDも持ってないけど、清志郎さん大好きでした。
「GIFT」も見てた見てた!よかったよなぁぁ。
まさかこんな日が来ようとは・・・ただただ残念で。
会いたい人、聴きたい曲はいけるときにいっとかないといけない。
最近、つくづく思います。
清志郎さん、向こうで好きなだけ自転車乗って、ギター弾いてほしいな。
Posted by たま at 2009年05月03日 14:22
本当に残念でした。
私は5月頃にあった野音のイベントが最初で最後のライブでした。ぷんこさんともしかして一緒だったのかな?
すごいパワフルだったのが印象的。また会いたいなと思ったすぐあとに病気の発表がありました。
ご冥福をお祈りします。
Posted by tugumi at 2009年05月03日 15:08
がんだって事は知っていましたが、こんなに早いとは(泣)自転車事件、ありましたね。ロックって楽しい!を教えてくれたおじさんでした。
Posted by じょあんな at 2009年05月03日 15:31
EIKOさん
私も勝手に大丈夫なものと思っていました。
これからの音楽シーンを天国から見守っていて欲しいですね。

t.zarmoさん
本当に58歳になったばかりですもんね。
まだまだこれからだったのに・・・

たまさん
たまさんにとって、ユニコーンの後のこの訃報だったのですね。
どう消化していいものか・・・って感じでしょうか?
たまさんもGIFT見てたんですね!最高でしたよね!

tugumiさん
そう!同じLIVEですよ。2005年でしたねあれは。
あの時の自分のレポを読もうと思ったら、最後の清志郎さんだけ別に書こうとして、そのままにしてたみたいで、書いてなかった自分に「何でだよー」と突っ込みました。
でもあの時のLIVEは忘れられないね。

じょあんなさん
そっかーじょあんなさんにとって「ロック」を変えてくれた人だったのでしょうか?
本当にこんなに早いなんて信じられないです。
Posted by ぷんこ at 2009年05月04日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118497183
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。