2008年11月27日

29クリ Part2

今日は休みを取った。親友の身に不幸な出来事があって・・・
私自身はっきり言って落ち込んでいる、いや落ち込んでいるとか言う言葉で片づくような気持ちじゃないんだけど、家に帰ってきてからも心が落ち着かない。
こんな時は「それでも日常が流れていく」事が辛い。けどありがたくもある。

家でぼーーっとテレビを見ていたら、「29歳のクリスマス」再放送に出くわした。
何故かこのドラマを観ると、他のドラマとは違う懐かしさが込み上げる。
何でだろう?よく解らないけど、色々考えさせられちゃうからかな・・・
いつの時代に観ても、女って・・・仕事って・・・人生って・・・ってね。

前にもこのドラマのこと書いた→こちら(3年前の今日だ!)
今回は「今じゃこのドラマちょっと通用しないかも知れないなっ」て思った。
世間の29歳への見方がかなり変わったように思う。29歳の存在感も。
いや、これは私の見方が変わったのかな?
14年前の29歳的存在は今やアラフォー世代に取って代わったような・・・
ドラマの中で彼女たちが言ってることも「いやいや29歳じゃーまだまだ色々ありまっせー」と上から目線になっちゃうねわーい(嬉しい顔)

さてさてぷんこの37歳のクリスマスはこれいかに?
タグ:ドラマ
at 16:52 | 東京 🌁 | BlogRanking | Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
これ放送してたとき、リアルに29歳だったんで「そうそう!」なーん
ていちいち共感したもんですけどね。
今見ると、ちぃとこそばゆいものが。90年代ファッションも含めて(^ ^ゞ
29歳くらいで何を言う〜。ホント。

ところで、ワタシも実はぷんこさんと似た状況にあります。
「それでも日常は流れていく」とっても共感。うんうん。
Posted by たま at 2008年11月28日 09:43
たまさん
ファッションねー確かにそれも見所だよね。
あと80年代だと「眉」とかも凄いことになってるよね。

たまさんもままならぬ日常って感じでしょうか?
こんな時って色々考えさせられますね。
Posted by ぷんこ at 2008年12月01日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110276409
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。